top of page

保存版 オイルの保管に適切な容器

容器を手に取ったとき

あれ?オイルが漏れている?

と思ったことはありませんか?




植物オイルと保存ビン

当てはまった方は、プラスチック容器で保管していないでしょうか?



今回は、プラスチック容器の落とし穴と、遮光瓶についてご説明します。


まずはじめに、

長期保管に適切なのは、

:遮光瓶…光を遮り、酸化劣化を防ぎます

:プラスチック…酸化劣化を早める原因になります


プラスチック容器が適さない理由①


酸化が進む要因

酸化が進むと、

オイルの臭いが変わり、それが

タオルに付くとなかなか取れない原因にもなります。


お客さまは、サロンのタオルのにおいも意外に気にされているものです。





プラスチック容器が適さない理由②


冒頭のオイルが漏れている?と感じたことのある方は要チェックです。


オイルが容器を溶かす


プラスチックには、可塑剤という化学成分が含まれます。

これは、成形する際、加工しやすくするために添加されていますが、

容器とオイルが長期間触れていることで可塑剤が溶け出します。


せっかくの良いオイルも、品質を損なう原因になってしまうので注意しましょう。


プラスチック容器に小分けする場合は、1ヶ月以内を目安に使い切るのがお勧めです。




保管は遮光瓶がベスト


光・熱からオイルを守れるよう遮光瓶の保存がおすすめ!

オイルの保存は遮光瓶がベスト



ちなみに遮光率は青→緑→茶色

の順番で高くなります。

迷ったら茶色がベストです♪



まとめ

ビンとプラスチック保管の違い

  • プラスチック容器は酸化を早める

  • 遮光瓶は保管に適している

  • 青→緑→茶の順で遮光率が高くなる

ぜひ、取り入れてみてくださいね♪


○o。...........................。o○


ORIINAはサロン専売品です

商品説明会では、より詳しく説明しています。

・オンライン(ZOOM)

・無料


毎月開催していますので、

お取扱いを検討されているオーナー様は

お気軽にお問合せくださいませ。


Comments


bottom of page