特許って すごいの?

よく宣伝に「この商品は特許製法で...」という文言を聞きます。

個人的に(特許出願書を10通以上は出してる私の意見ですが)...

科学者や技術者の本音として、あまり

「この商品は特許製法で...」と

騒ぎ立てて言って欲しくないものです。

なぜ?

それは、特許にするって

すごいことのようで

実は

誰にでも簡単に思いついてしまう事だから 早いとこ特許にしないと誰かも同じようなこと思い付かれてしまう...

そんな気持ちで特許の申請してるからなんです。

だから、   発明...発明...と言われるのはとても恥ずかしい

本当に素晴らしい発明をした科学者や技術者は   

「ノウハウ」として特許にはしないで

企業秘密にするものです。

逆に言うと特許になっていない製法ほど素晴らしいものはない。

誰もがすぐには思いつかないアイデアで簡単には作れない技術だからこそ

あえて特許にしていない

する必要がないのです。

そもそも「特許制度」は、技術を発展させるために誰かが持っているノウハウを公開して皆に使ってもらうことにあります。

その代わりとして権利者には20年間独占して良いという法律です。

だから、発明を生涯自分の技術にしたい人は...特許にしないことが多いです。

また、技術者にとって特許をとりたくない理由がもう一つあります。それは、特許の権利は発明者ではなく「権利者」に与えられる事です。

高い特許料を支払った「権利者」のもので、発明者は名前が出されて発明の証人になるだけなんです。

知らなかった人たちにとって特許の世界は、全然違うものなんですよ

普段、特許に接していない人の中には「特許を取得する」=「素晴らしい発明」と思っている人が多いと思います。

もちろん、特許を出願するためには

膨大なデータをとり

誰に対しても納得のいく理論を証明し

ほかの人が作っても作れるものである内容を書いて

そして この発明が産業上に利用されるものであるか判断してもらい

...

など 特許を出願するのはとても大変なことです。

しかし特許を取得しただけで、それが素晴らしい技術かどうかはわかりません。

しかも 商品のどこが特許なのか も しらべないといけません。

例えば、「パンの缶詰」

特許〇〇〇〇号取得

と書かれていれば すごい商品だと 思われます。

しかし、この「パンの缶詰」のどこに特許性があるのでしょうか?

・パンの缶詰自体が新しい発明なのか

・おいしいパンの生地配合なのか

・焼き方の火の温度や順番なのか

・缶詰の形状なのか

実際は、缶の中に入れる耐熱紙の長さと折り方でした。

そんなオチもあるんです。

これまでで有名な特許商品は

亀の子束子(たわし)

牛乳三角パック

といった主婦の発明

オセロゲーム

そのほか

麻原彰晃出願の謎の焼却炉(何を焼くのだろうか...)や

大仁田厚の有刺鉄線プロレスリング

ラブラブストロー、宇宙船空母

なんかも あるって聞いたら 

えっ?

となることでしょう

そう 特許は誰でも 取得 出願 できるのです。

しかも特許を取得しても 宣伝できない場合もあります。

たとえば、医薬品や化粧品は 薬機法で特許取得が事実でも広告への記載は不可! となっています。